2017年2月19日公開

2017年1月の夢の吊橋(寸又峡)

 寸又峡温泉に泊まって、翌朝、大間ダム湖(チンダル湖)の夢の吊橋を渡るのは昨年同様ですが、ちょっと今年は違って、大間ダムは今冬(3月7日まで)抜水しており、貯水がありません。そこで酔狂にも、チンダルしてないチンダル湖を渡ってこようという趣向。ちなみに抜水は珍しいことではないようで、大間ダムでは3年ぶりとのこと。大間ダムの堆砂率は90パーセント近いので、もともと水深のあるダム湖ではありませんが、普段は見られない湖底をみる絶好の機会というわけです。


谷間の大間ダムを上から。ゲートが揚がって抜水してます


チンダル湖は見事に無くなっています


右に岐れるのが大間川、左が寸又川




吊橋から大間川。先行するのは嫁


吊橋下を流れる寸又川


遠近感を失いますが、たしか高さ8メートル


寸又川の渓谷






大間ダムのゲートは3つ開いています



 夢の吊橋を渡ると、斜面を駆け上がって再び林鉄線跡に出ます。南アルプスからの粉雪まじりの吹きおろしが寸又峡を駆け抜けていきます。この辺りは雪の積もらない地域ですが、道は所々で凍り付いていました。


谷間を抜ける冷風のため凍っていた飛龍橋


眼下の寸又川の渓谷




干上がったチンダル湖と夢の吊橋。お〜寒い

すべて2017年1月撮影

  
炭鉄別館に戻る
 
炭鉄に戻る 

inserted by FC2 system