2018年8月9日公開


 "関東の出雲さん"こと、出雲大社相模分祠(秦野市平沢)に出掛けています。出雲大社相模分祠HPによれば、当地に遷座したのは昭和50年という新しい神社(以前は渋沢峠にあった)ですが、太い左巻きの注連縄は出雲大社ならでは。また二礼四拍手一礼という独特の礼拝作法です。
 相模分祠に隣接して御嶽神社と八坂神社もあり、御嶽神社は平沢村鎮守となっているので、歴史的には古いものと思われます。すぐ傍には樹齢800年という欅の大木が立ち、薄暗がりの拝殿内には古い奉納絵が掛けられていました。


 出雲大社は、主祭神が大国主命(おおくにぬしのみこと)ということから、国中第一の霊神として、ご利益は多岐にわたり、それに応じた絵馬が各種ありましたが、絵柄としては大人しい印象です。


犬はお産が軽いという信仰から安産祈願




大国主命=大黒さま


現代風のキティ絵馬もありました

すべて2018年7月撮影

  
炭鉄別館に戻る
 
炭鉄に戻る 

inserted by FC2 system